毎日更新を心がけています。 心がけてはいるんですよ? 本当です ただ色々と事情があって一日おきになっちゃったりするだけですもの・・・
手乗り、時々頭乗り。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
狼と香辛料 Ⅱ
2008-03-16-Sun  CATEGORY: ラノベ
アニメが2巻目に突入する、って時にあわてて購入して読み始めた作品
やっぱりアニメで見る前に原作は読んでおかないと、 ネ。


以下 ネタバ含む



今回は密輸の話でした
ロレンス己の力を過信 → 油断 → 嵌められる → 破産直前 → 密輸
話的にはこんな感じ

ってかやっぱり何だかんだ言っておいてホロがめっちゃかわいいのです

そして新しく出てきたノーラ・アレント
羊飼いの人なのですが性格がゆったりまったりしてていい感じ
ちなみにこれアニメの方の話になるけど声がめっちゃ綺麗でかわいいです。

ってか2巻にして早くも主人公破産の危機って
なかなか大胆なコトをやってくれます支倉先生。
が、やっぱり交渉時の駆け引き、伝わってくる緊張の空気は相当のもの
ちょっと頭を使って考えるところもあっておもしろかったです

最後の最後、商会裏切り後の急速な話の展開もいいと思います
こう、長い間じっくりと下準備をして一気に話を結び上げるような。

そして気になることが1つ。
あの時呼んだのはホロなのかノーラなのか・・・・・

んー 気になる ものすごい気になる
でもきっとホロって叫んだと思う うn オモウ。


というかこれを読んでる人は狼と香辛料を今すぐ見なさい
今期最高なんだから 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
吉永さん家のガーゴイル ⑬
2008-02-21-Thu  CATEGORY: ラノベ
久々のラノベ消費。
よくよく考えてみたら今年始まって1冊目なのかもしれん

以下ネタバレ含む


流石に13巻ともなると微妙に記憶が危うくなってくるのです
あれ? あのとき何があってたっけ、とか
こいつどんなやつだったっけ、とか。


でも内容としてはものすごい楽しめた やっぱガーゴイル面白いよガーゴイル
やっとガー君も本当の家族になりましたねぇ  
いやぁ 家族っていいもんだ。
そしてママさん最強だよ いいキャラしてる 無言の鉄拳制裁。

そして新キャラピクシー
2つの生命体で感覚の共有を行うっていうのは面白い発想ですね
自分がそうなりたいとはこれっぽっちも思いませんがww

さて、そろそろガーゴイルシリーズも完結しそうなしなさそうな空気が出てきました。
どうなんだろう 15巻くらいで終わっちゃうのかな・・・

とりあえず楽しみに次巻を待つとしようそうしよう。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
バッカーノ!1705 The Ironic Light Orchestra
2008-02-09-Sat  CATEGORY: ラノベ
実は去年の11月に読んでたりします。
3,4冊読んだ本があるけど面倒くさがって書いてなかったのでコレから暇があったらちょくちょく書いていこうかと思ってます。

以下、ネタバレ含む


ヒューイとエルマーの過去の話 幼少時代の話
だいたい300年前の話かな?

とりあえず今作は内容がイマイチだった気がします。
色々な複線を張るために作った巻でもあるだろうけどねー

ただ驚くことがいっぱいあるのはよいことですよ
ルネは不死者で、ヒューイたちの教師だった
仮面職人の正体はモニカ
仮面職人は実は一人じゃなかった 目的は違うけど
スペランの妹がモニカ

んでこれが一番驚いた
アイルってマイザーだったのか・・・
マイザーさんの温厚な性格からは全く想像つきませんでした

ザンクとかベグとか不死者もちまちま繋がってるっぽいです

んでダルトン先生って悪魔なんじゃない? っていう疑問があります
いつかわかるといいけどなぁ

んでやっぱキャラの個性が強くていい
エスペランサ・ボロニアルとかおもしろいよ最高だよ
エルマーは相変わらずスマイルジャンキー。 
何気に色んなものを見透かしててかっこいいよエルマー。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
バッカーノ!1934 完結編 Peter Pan In Chains
2007-11-07-Wed  CATEGORY: ラノベ
以下ネタバレ含む


ついに完結しました バッカーノ!1934
なんか最後の最後で考えが覆されてびっくりでした
レイル・・・ まさか・・・・・・ みたいな感じです

それにしても成田さん書き方上手すぎです
バラバラのところで起こっていたハズの物語が急激な勢いで収束していってそれで一つの終わりを迎えて
本当に読み応えがある巻でした

むぅ グラハムもクリスもジャグジーもアイザックもラッドもフィーロもかっこよすぎるよ

そして気になるあとがき
1935が今から楽しみですね ハイ。

さて、これからはもうバッカーノ!をとりあえず読むことを決意しました
他のヤツ全く頭に入ってこんわいな

と、いうことで次は1705と2002が待ち構えています
がんばるぞー ヒャッハァ!

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
バッカーノ! 1934娑婆編 Alice In Jails
2007-10-29-Mon  CATEGORY: ラノベ
以下ネタバレ含む


今作は新キャラフィーバー!
レイル フランク 詩人 シックル リカルド プラチド グラハム

特にグラハム・スペクターは今作で一番気に入ったキャラ
「悲しい・・・悲しい話をしよう」ってかっこよすぎるよアンタ
パパパパパッパパパパパパッパ ってレンチの回転すっげぇよ
そしてラミアを軽くあしらう実力 クリストファーと対等だとかなんとか
とにかくカッコイイ!!!

流れとしては前回の獄中編とは全く別もの。
シカゴで起こった出来事です
副社長はあいかわらずマイペースでルネは軽く怖くてクリスは人間とか自然にあこがれてて  
あぁもう成田先生すっげぇよ! ヒャッハァ!!!

次巻で1934は完結です もう今から楽しみで楽しみでしょうがない
一体どういう結末を迎えるのでしょうか・・・

次巻は確か軽く500ページくらい 読み応えあるぜヒャッハァ!!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 手乗り、時々頭乗り。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。