毎日更新を心がけています。 心がけてはいるんですよ? 本当です ただ色々と事情があって一日おきになっちゃったりするだけですもの・・・
手乗り、時々頭乗り。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ディスカッションの意味は『討議、議論』
2008-03-22-Sat  CATEGORY: 日記
現在時刻18:06 
サボるか翌日更新かの2択の俺にとってはとてもめずらしい時間帯です
これくらいの時間に更新すればTWしてた とか 泊まってた とかって
更新が滞ることもないんでしょうかはたしてそうでしょうか。

とりあえず久々の車校ネタです。

今日は 『危険予測ディスカッション』 なるものがあったのです
ここを読んでる人はもう車校行ったー とかって人もちょくちょくいるから分かると思いますが

初心者には優しく、がモットーである俺はちょいと説明を入れようと思います。

つまり、これは
3人くらいで路上行く → 次の時間は3人で色々話し合う。
っていう感じのものなのです  あ インストラクター+したら4人だわ

まぁ、つまりは色々と話し合う ってのが目的なのでしょうそうでしょう。



ちなみに、今日は車校に向かうときに
ライナから 「セット講習おもろかったばい! 何か皆と意気投合したしwwww」
とかって感想聞いてたのでものすごくワクワクして向かっていたのです。


まぁ 1時間目は運転だからそこまで会話もなくフトゥーに終了。


さぁ、こっから楽しみな2時間目が はっ じっ まっ  るぅぅううー


と  思っていた俺が馬鹿だったんですね^^^


率直に言うとインストラクターがカスってた、と。
ぶっちゃけ 全然楽しくなかったぞ、 と。


仮にインストラクターを山田さん、一緒に講習受けた2人をそれぞれ山本さん山下さんとします。

山田さんはまず教科書を出して、と言いいました。
言われるがままにバッグから教科書を取り出す山本さん山下さん。

その後山田さんは恐ろしいほどに教科書を読むだけでした。 ちょくちょく補足をしながら・・・。
最初10分ほどはさして会話もなく、山田さんの独壇場と化していたワケです
山本さんも山下さんも教科書を凝視。 もちろん俺も凝視。

その後、山田さんは山本さんに近くに置いてあった写真を取るように言いました。
言われるがままに何枚もの写真を渡す山本さん。

それには様々な状況での写真があり、それを見ながら
これはここが危ない       とか
この人が飛び出すかもしれない  とか
後ろに小さい子供がいるからバックしたら危ない とかって
色々話す  これぞディスカッション って感じのものでした。

山田さんは1枚の写真を見ながら、山本さん 山下さん 俺の順番でどこが危ないかを聞いてきます。

思ったまま、感じたままに予測をする山本さん 山下さん 俺。
当然、特に会話もなく  ぎこちない空気で進行していきます。


4枚目に差し掛かったあたりでしょうか、
山本さん回答「わからない」 → 山下さん回答「わからない」 
次は俺の番です。 ちなみに俺はきちんと答えを予測していました。

そして、俺が当てられようとした瞬間 山下さんが
「あ、分かったw」「くそぅ」と笑いながら悔しそうにしています。

これで一気に場の空気が和みました。
俺は笑いながら、「だが答える」とか言って答えを言いました。 ズバリ正解

お、これはいい空気になってきたなぁ  と。
こっからおもしろいだろうなぁ~    と。

すると山田さんは何を思ったのでしょうか 長々と話し始めました。
最近の交通の規制緩和うんぬんかんぬん
→教育の規制緩和(最近は宮崎県の場所を聞いてもわからない人が多いらしい 円周率は3

いやお前 ディスカッションしろよ('A`) 危険予測どこ行った?

意味がわかりません。 この人はディスカッションの意図を理解しているのでしょうか
いい方向に転がっていた場の空気は一転。
山田さんの独壇場に入ってから徐々に山本さん山下さんの顔が下がっていくのが手に取るように分かりました

これはいかん、と思ったのでしょうか
山田さんはちょっと笑い話を織り交ぜます 
必死に笑う山田さん。 うつむいたままの山本さん山下さん
あぁ これは修復不可能だな、と感じた瞬間でした。

その後何を思ったか原簿の確認を始めます。
学科はきちんと受けてるか? そろそろ効果測定受けてもいいね
次の時間はATで場内で、その後金峰山 そして高速道路いくからね
だいたいここらへんで見きわめ受けれると思うよ

いやお前 だからディスカsry 


その後やることは終わったのでしょう。
やることはやってないくせにそれぞれの学校を聞き始めました。

素直に答える山本さん  秘密です というちょっとお茶目な山下さん
普通に答える俺。

会話、途切れる。


あぁ さっさと終わらんかなぁ  
それにしてもこれは今日のブログのネタになるなw とか全く違うコトを考えていた残り5分

おもむろに山田さんは俺をタゲりました

「何でこの時期に来てるの?」
あー  俺タゲられたな と諦めて答えるか。 「春休み中に」
「まだまだ5年制の学校ならファーストクラスじゃなくてゆっくりとればいいのに」

・・・・・

何コイツ俺の話聞く気あんのか?


もうその後はどうにでもなれー
山田さんは俺の方を見て勝手に話してきます。
俺は全く反対方向の壁に張ってあった写真を見て空返事
いい加減俺に話すのやめてくんないかな?

と、神様は俺を見捨てていなかった
その時ジャストで終わりを告げるチャイムが!
5分程の質問攻め ってか勝手に話してただけを右から左へと受け流し続ける時間は終了


お疲れ様でしたー と言って山下さん山本さん俺 山田さんより先に退室
それはもうそそくさとさっさと退室。


ホントに最悪なディスカッションでした。


ちなみに@1組ディスカッションあってたけど 
そっちの方からは絶えず笑いが聞こえていましたとさ。


俺らのインストラクターがカスってただけでした\(^o^)/
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 手乗り、時々頭乗り。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。