毎日更新を心がけています。 心がけてはいるんですよ? 本当です ただ色々と事情があって一日おきになっちゃったりするだけですもの・・・
手乗り、時々頭乗り。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
KID-Pについての考察レポート 其の壱
2008-08-05-Tue  CATEGORY: 考察レポート
結論から言おう
彼は『熱心なドクターペッパー信者』である。

日頃から
「ドクターペッパー(以下ドクペ)は神」
との言動が見受けられる彼だが、この時点で筆者はドクペ教なるものの存在を疑い始めた。

現在では、その存在は確固たるものとなっている
その理由の1つである過去の体験を下に記すこととする。


筆者は以前、ドクペをKID-Pに飲まされた時に
「うっわ、まずっ」
と命知らずな発言をしてしまったことがある。
これが失言だったことは言うまでもないだろう。

そして、その後の彼は何か点けてはいけないところに火を付けてしまったかのように
「ドクペに謝れよ」
「ドクペを何だと思っている!」
「ドクペを崇めろよ!!!」
と激昂してきたのである。
今でもこの時の恐怖は覚えているが、この言動からドクペ教は確かに存在するという結論に行き着いた。

ちなみにこの日から筆者の脳内では
ドクペ=薬局の様々な薬品をMIXさせた
という方程式が成り立っている。

また、ドクペ教については筆者が知る限り、何人か信者がいることからもドクペ教が存在するのは間違いないだろう。



さて、話題は少し逸れてしまうのだが
筆者のペンケースにはなにやらドクペのシールが貼られている。
言うまでもない、KID-Pの仕業である。

皆さんは『サブリミナル効果』というものをご存知だろうか?
これは、人間が視覚で知覚した情報を大脳皮質に伝達する速度(0.1秒)よりも短い時間で得た情報は不正確にしか認識できないはずなのに、自覚することなく無意識のうちに行動に反映される、といったものである。
知覚できないのだから、それはただの偶然だと思う人もいるかもしれないが、実際に、映画の中で人間が知覚できないほど(0.03秒)の時間でコーラの映像を繰り返し流したところ、何故かいつもよりコーラの売上が伸びた という事例だってあるのだ。



このことを考慮して筆者の筆箱とそこに貼られたドクペのシールの相互関係を見ていくとしよう。
まず、筆箱のメインとなるものは様々な筆記用具を収納できる、というただ1点に限ることは間違いないだろう。
筆箱のデザインなんてものが気になるのは買った当初の何日間かであり
それに慣れてきたら別に外観なんてどうでもよくなってくる。

つまり、筆箱の外観なんてものは、時が過ぎるにつれて知覚するほどのものでもなくなってくるのである。
ここでサブリミナル効果の出番である。
日頃から筆箱を開ける筆者。
だがしかし、筆箱を取り出して開くまでのたった数秒、知覚するかしないか程の一瞬の間にドクペのシールが不鮮明でありながらも脳のどこかでは認識されているに違いない。
それを毎日毎日繰り返していくうちに

「そうだ、ドクペを飲もう」

なんて考えに至ってしまうであろうことはまず間違いないだろう。

そして、それは日頃の学校生活でも言える。
筆者は授業中に睡眠をとることもなく、至って真面目に授業を受けている。
だが、その風景の中には机の上にのっている筆箱があることを忘れてはならない。

黒板とノートに集中している間にも、無意識のうちに認識してしまうドクペのシール。
こんなことを毎日繰り返していたらサブリミナル効果に従って

「そうだ、ドクペを飲もう」

なんて考えに至ってしまうのは間違いない。


以上のことから実はKID-Pは筆者をドクペ教に引きずり込もうとしているのではないか
と考えられる。
そして、熱心なドクペ信者であることも間違いないだろう。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 手乗り、時々頭乗り。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。