毎日更新を心がけています。 心がけてはいるんですよ? 本当です ただ色々と事情があって一日おきになっちゃったりするだけですもの・・・
手乗り、時々頭乗り。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大宰府~長者原
2010-03-30-Tue  CATEGORY: 日記
個人的にものすごく腑に落ちない出来事があったんで
大宰府から飯塚まで帰ることにしました。

ちなみに時刻はAM2:00。
気合は充分。
いざ逝かん、徒歩で!


とりあえずまずはルートを考えてみる。
直線で行こうとすると山越えになる、それは怖い。。。
少し南下して200号線に乗ろうか、いやでも冷水峠が怖い。。。

なるべく灯りがあって、車が通るとこがいい。だって俺怖いの嫌だもん
∴『そうだ、北上して飯塚駅に通じている長者原駅を目指そう』

散々考えた結果、この結論に至りました。ってなわけで即実行

P1000964.jpg
順調に北上を続けて1時間
何やら物々しい鳥居を発見する。
「ここ太宰府天満宮じゃねぇか!」

まさか初の太宰府天満宮がこんな形になるとは夢にも思わなかった。
とりあえず旅の安全でも祈願してみようか
ってな軽い気持ちで入ったけど即退散しました\(^o^)/

P1000962.jpg
もうなんかめっちゃ怖い。
雰囲気が半端じゃない。生半可な気持ちでお参りにきてすいませんでした。


旅の祈願をするつもりがびびりメーターが上昇してしまった・・・
が、漢に後戻りなんてものはない。
着実に前進を続けることにします。


段々と車の通りも少なくなり、左右に民家すら見当たらなくなった頃
突然にそれは現れました。

『18禁』 『DVD』 『監視カメラ作動中』 『販売機』
あっ あれはっ!!!
(※注 当blogは18歳以下の人が見ている可能性があるため
   写真の掲載は控えさせていただきます。)
とりあえず落ち込んだ気を紛らわせるために凸してくる。
だって漢だもんね、うん。

が、財布の中には1000円のみ。
ここで買い物をしたら電車乗れへんやんけ!

てなわけで英気を養って終了。
おとなしく歩くことにする。


ここらへんからは本当に何もなかった。
左右見ても木と草と川、街灯なんて見当たらない。

1時間ほどガクブルしながら早足で急ぐ。
途中からリアルモンハンだとこんな感じなんだろうなぁとかってテンション高くなってたけど。




大分歩いたところでこんな看板を見つけました。

P1000968.jpg
「し、志免だと!?」
そう、志免といえば3年ほど前にRZと福岡原付ツアーをしたときの目的地である志免炭鉱跡があるあそこ。
これは行くしかねぇ、ピンチをチャンスにする俺かっけえええええええ!


てなわけで急遽目的地を変更。
志免炭鉱跡を目指します。


とりあえずなんかでっかい公園の端っこに立ってたよね
という曖昧な記憶を頼りに地図で検索。
「レベルファイブスタジアム。そうだ、ここに違いない!ここを目指そう!!!」

まだ日の出までは時間があるし、これは相当いい写真も撮れるはず
そう確信し、一路、レベルファイブスタジアムを目指すことに。

看板発見から2時間ほど歩いた頃。
ようやく目的地に到着する、、、も全くそれらしき建物が見当たらない。
暗いせいなのかなぁと思いながら探索するも全く見つからない。

と、そこにウォーキング中のおばさんと遭遇
「とりあえず原住民の声を聞いてみるか」
というわけで声を掛けてみることに。

朝5:30に廃炭鉱の場所を聞く若者
どっからどう見ても不審者でした\(^o^)/


話を聞くと、どうやら正反対の方に歩いてきていたらしく
来た道を戻らなければいけないらしい。
畜生・・・

ここら辺で段々空が白んできて、周りが見えるようになってくる。
んで、勘違いをして曲がってきた交差点辺りでついに発見!
ごくありふれた風景の中に1つ混じる、その異形は・・・

P1010024.jpg
「志免炭鉱跡見つけたぁぁああ!」
以前来た時も思ったけど、本当に遠くから見ても恐ろしいくらいに存在感がある。


AM6:12
ついに目的地に到着。 感動。。
360度色んな角度から写真を激写しまくる。

P1000991.jpg
時には遊具の上に登って
そして時にはウォーキングをしているおっさんに変な目で見られて・・・

それにしても以前訪れた時とはものすごい変わってたなぁ
なんでも重要文化財とかになったらしくて、昔のようなフェンスから金網になってたし
荒れ放題だった周囲も、ちゃんと草が刈られてた。


ってかこれ道さえ間違えなけりゃ暗いうちに金網の中入れたんかな?
とか犯罪まがいのことを考えながらも志免炭鉱跡を後にする。


それにしてもいい所だった(・∀・)
とホクホクしながら思う、
「あれ、ここ最終目的地じゃねぇじゃん!」

というわけでこっからは特に何もなく
長者原駅へ向けてウィニングラン
8:43発の電車に揺られながらアパートに帰宅しました。





思い立った行動だったけど、すごく楽しめたから個人的には良かった。
その代わりめっちゃ疲れたけどね!


今回歩いた道のりをGoogle mapに表してみる。

map.jpg
総移動距離は約20kmくらいかな
久々にこんな歩いたなぁ

いい経験。いい経験。

そして個人的に志免炭鉱跡直前で道を間違えたのはRZの
「俺をおいてそんな楽しそうなとこに行くな^p^」
っていう念がそうさせたんだと思ってる。





さて、最後になりましたが
これまで読んでくれた皆さん、ありがとうございました!!!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントRZ | URL | 2010-03-31-Wed 00:57 [EDIT]
(^q^)もう先数十年は志免炭坑には行けない・・・
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 手乗り、時々頭乗り。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。