毎日更新を心がけています。 心がけてはいるんですよ? 本当です ただ色々と事情があって一日おきになっちゃったりするだけですもの・・・
手乗り、時々頭乗り。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
謎のピンクの液体X
2007-11-26-Mon  CATEGORY: 日記
ついにテスト前一週間となりました。 
そのためこれからはちょっと短めに日記を書いていこうと思います
とりあえず今日を振り返ります。

1時間目 電路 自習 ひたすら実験レポ手書きの部分書いてた 式とかグラフ
2時間目 HR テスト日程を組みます 多分というか絶対あれ通りには動きません
3,4時間目 電回 大問3つ解くのに2時間かけたね でもおもしろかった
5時間目 国語 やっとこさテスト範囲終了 でも次回も進むらしいです 自習にすればいいのに
6時間目 体育 暇だったのでバスケ 授業が始まったのにどかない先輩の図々しさには脱帽
7時間目 数学 いやもう思い出したくもない。


さて、月曜日の日課である週間少年ジャンプを読破しようと一人で目論む休み時間に事件は起こりました。
以前から俺とKID-Pと靴下お兄さんとK.Koheiはある賭け事をしていました。
んで、その賭けに負けた人が勝った人にジュースを奢るという極々一般的な健全な賭けです

その賭けに勝ったために3人からジュースを奢ってもらえることになっていたのですが・・・・・


休み時間、一人でニヤニヤしながらジャンプを読み進める俺の目の前にある不思議なピンク色をした液体が届けられたのです

勘がよくてもよくなくてもある程度の人は気付くでしょうが、一般的に赤とは攻撃色です。
そして、ピンクというのもその攻撃色である赤を薄めたわけですから、自然の摂理に従って、赤ほど攻撃力はないにしろ少しは攻撃力があるのだと予想できます

つまり、運ばれてきた3杯のピンクの液体を見て俺の超直感は人間の防衛機能に従ってある答えを導き出します。
すなわち、ただ一言「やばい」と。
そしてその贈り物をしてくれた、賭け事に負けたから。と律儀にもきちんと約束を守ってくれる暖かい友人達の視線と表情を見て・・・
その答えが正解であるのだと確信します。

俺は一刻も早くこの事態をどうにかしなければ生命が危ないと即座に感じ取り
今まで生きてきた17年とちょっとの人生経験からあらゆる危機的な状況を切り抜ける方法を模索します。

が、やはりそこはまだまだケツの青い高校生。 そんな知識は持ち合わせていません。
でてくるのは内Pでやっていた「危機的状況回避バトル」という単語のみです

結局、3杯にも及ぶピンクの液体を飲むハメになってしまいます。
が、飲んだ瞬間に口に広がるのはなにやらマイルドな舌触りと何ともいえない温度感。
その間にも鼻に入ってくる匂いは甘ったるく、臭覚をこれでもか、と刺激してきます。
正直あれは飲み物じゃない。 そう結論付けるのに1秒と時間を要しませんでした。

後に聞いた話だとあの謎のピンクの液体Xの内分けは
『いちごオレ』『ホットカルピス』『ホットアクエリアス』だそうです。


ですが、事件はそれだけでは終わりません。
おぉ神よ。 何故こんなか弱き一般高専生に対していくつもの試練を与えたもうたのか
なんたる偶然でしょうか。 この日のKID-Pは『ドクターペッパー』を所持していました

『ドクターペッパー』といえば俺の中ではゲボマズスープの代名詞。
KID-Pの独特な味覚を如実に表しているレッドラベルのあの飲み物です。
その独特な匂いと味からある人を「病院の消毒液みたい」とまで言わしめた伝説の飲み物
その伝説といったらこれはまずい!ということで靴下お兄さんと堅い堅い握手を交わすほどのものです

そのゲボマズスープと謎のピンクの液体X
そのケミストリーを望まない人は俺の周りに誰一人として存在していませんでした。
周囲から向けられる初めてカブトムシを見つけた純粋な少年のような眼差し。
見ると、いつの間にか教室内において唯一のテリトリーである机の上に2つの飲み物が夢の競演を果たしています。

その夢の競演を、俺の口の中でやれ というコールが巻き起こります
紳士たれ。 半分やけくそで2つの飲み物を口の中に押し込みます。

結果、俺は1秒とかからずに椅子の上に突っ伏していました
湧き上がるのは後悔の念。 そして溢れるのは涙。
見よ、これが漢の生き様ぞ。 
お口直しのために冷水気へと向かおうとした俺を阻んだのは電回の先生の登場でした。


その後は俺と謎のピンクの液体Xの共同生活が始まります。
寝ようとして机に突っ伏すとヤツの方から独特な甘い香りが漂ってきます
寝たら何か机から落ちて取り返しのつかないことになりそうなので寝ることすらできません。

結果、3時間目の休み時間に届けられたヤツは放課後まで俺と一緒に授業を受けていました。
最初はまろやかなピンク色だったヤツも段々とその本性を現して、透明度が増していきました。
なんという存在感  
衝撃写真だって貼り付けちゃいます。
きっと中に見える沈殿物は乳成分が固まったものではなくケフィアです。

DVC00006.jpg



今日は予防接種を受ける予定だったので放課後は放置して帰ってしまいました。
というかバイクに乗っててその存在を思い出して、明日どうしようかという悩みが沸いてきました。
あー、ホントどうしようかね
明日学校に着いたらあら不思議 どこかへ消えちゃってるわという展開を期待します。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントsacra | URL | 2007-11-27-Tue 00:19 [EDIT]
ねぇ、つっこんでいい?
短め、じゃなくない?w
コメントたいがぁ | URL | 2007-11-27-Tue 23:38 [EDIT]
的確なツッコミありがとうございますw

なんか書いてるうちにテンションあがってうだうだと長くなってしまったのです
困ったものだ・・・(´・ω・`)
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 手乗り、時々頭乗り。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。